「6秒筋トレ」苦しいダイエットはもう卒業!その3

おはようございます。こんにちは(^^)

少しだけご無沙汰でした、テトラです!

よろしくお願いします<(_ _)>

 

今日はいよいよ実践編です! 

では、さっそくスタートです。

 

 

「実践「6秒の筋トレ」気になる部分からアプローチしよう!」

「筋トレを始める前のウォーミングアップ」として”鍛えたい筋肉を意識”して「深呼吸」を行いましょう。

 

「深呼吸」

①引き締めたい部分に酸素をいっぱい取り込むイメージで深呼吸をする。

②脱力して息を吐く。

③引き締めたい部分が温かくなってくるまで、3~4回を目安に ① ⇒ ② を繰り返す。

 

「6秒の筋トレ」の基本ルール

(1)1ポーズを6秒で行う。

文字通り、1つのポーズにつき最低6秒は行いましょう。姿勢は正しく、筋肉の力を入れてる6秒間は呼吸を止めないように注意しましょう。

 (2)1ポーズを1日の中で5回。

1ポーズ6秒を1回として1日の中で5回行いましょう。まとめて行っても、朝2回・昼1回・夜2回など分けて行ってもOKです。

(3)1つの筋トレは2~3日おきに。

筋肉が傷つき元よりも強い筋肉に修復されるまでには24~48時間かかると言われています。そのため1つのパーツは2~3日おきに行うのが効果的。今日は二の腕、明日は下腹など日替わりでパーツを変え、毎日筋トレをするのがおすすめです。 

 

【PHP】【IHPホロニックパラダイム】

 

深呼吸は大事だってよく言われますよね。今流行りの瞑想でも行われています。

さらに、筋肉の回復を超回復といいますよね。「6秒の筋トレ」ではそのあたりもしっかりと考えられているようです!

こんなに簡単なら、空いた時間を利用して取り組めそうですよね♪

ジムに通う時間と費用を考えればやらないてはありません!

 

 

ブログを読んで下さってありがとうございました。次回は「6秒の筋トレ」最終回。

「食生活の見直し」”6秒筋トレ”をより効果的にするために!

です!お楽しみに♪

 

次回もよろしくお願いします<(_ _)>

 

 

過去ブログ、続きはこちらから ↓

「6秒の筋トレ」苦しいダイエットはもう卒業!その1

「6秒の筋トレ」苦しいダイエットはもう卒業!その2

「6秒の筋トレ」苦しいダイエットはもう卒業!その4