皮膚科医が教える美容オイルの使い方

おはようございます。こんにちは(^^)

日中の気温も上がってきて春めいてきましたね♪

でも、花粉や紫外線なども気になってくる時期でもあります。

そんな中、気になるワードが出てきました。。。それは「隠れ乾燥肌」。

油分はあるのに水分が足りないお肌のことを言いますが、この時期まだまだ乾燥していたり、

エアコンによるお肌の乾燥はまだまだ続いています。

どう対応したら良いのでしょうか?

それでは今日もよろしくお願いします<(_ _)>

 

今回は、「皮膚科医が教える美容オイルの使い方」です。

 

内容 ・乾燥が進んでいる肌の人が美容オイルだけを使ったケアを続けていたら、油分はあるのに水分が足りない

    “隠れ乾燥肌”となり、気がつかないうちに肌トラブルや肌老化を進行させてしまうことがある。

    

   ・美容オイルだけに頼ってしまうと毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができやすくなったり、酸化したオイル

    による刺激により赤みなどの肌トラブルが生じてしまうこともある。

 

   ・化粧水や美容液で水分をたっぷり与え、肌の水分量を上げ、美容オイルを手のひらに1滴のせてなじませてから、

    顔全体を優しく包むようにのせるとよい。

 

   ・角質をやわらかくする働きと、抗炎症作用、保湿効果がある、ホホバオイルやスクワランがオススメ。

 

 

どうだったでしょうか?乾燥しているからといって、オイル(クリーム)などをせっせと使っていませんでしたか?

実は僕もAXISのエステチームから注意をされていました。。。それじゃダメなんですね。。。(ーー;)

これからは化粧水をしっかり使ってからオイルを使うようにしたいと思います。これで美肌ゲットだぜ~!!

 

詳しい記事はコチラから ↓

「間違えると老化肌に!? 正しい美容オイルの使い方」(Peachy)

 

  

ブログを読んで下さってありがとうございました。次回も是非チェックをよろしくお願い致します <(_ _)>